「特定技能」人手不足対応,経験者雇用,永続支援
「技能実習」建設業など現場系特化の外国人材紹介

人手不足への熟練者「特定技能」、幅広い外国人材紹介「技能実習」

外国人就労ノーマライゼーションと建設業の共生
行政書士連携で、唯一無二の安心とコスト・リターン

特定技能

特定技能とは、2019年4月より導入された新しい在留資格です。日本国内において人手不足が深刻化する業種で、外国人の就労が解禁されました。

技能実習

技能実習生として日本に滞在できる期間は最長で5年となっています。その期間内に、技能実習計画に基づいて技能などの習得を目指していきます。

特定技能

特定技能とは、2019年4月より導入された新しい在留資格です。日本国内において人手不足が深刻化する業種で、外国人の就労が解禁されました。

技能実習

技能実習生として日本に滞在できる期間は最長で5年となっています。その期間内に、技能実習計画に基づいて技能などの習得を目指していきます。

特定技能と実習の適法活用

~業界と人材の利益~

外食、製造業など様々な分野実績もございますが、我々が得意な業界は、最も監理が難しいと言われる建設業です。 

企業と外国人の適正就労の共生を実現すべく、現場作業系に特化した外国人の人材紹介と監理・支援事業を通して、
最高のコスト・リターンと外国人材の適正就労から永住までキャリアプランをサポートできる強みがあります。

法律専門家など第三者がアドバイスすることで
メリット・デメリットを正確に判断できます。

企業が望む額や不要なサービス(自社で可能なもの)を線引きしていただき、費用を減らすことが出来ます。
送出機関からキックバックを一切受け取らず失踪を防ぎ、雇用条件の変更も相談可能です。

自社で難しいものは行政書士顧問で、無料相談や安価な手続により解決できます。
 特定行政書士は、手続をしたあと、処分を受けても救済手続の代理も可能です。
 もし望まれれば、永続的な雇用までサポートするので、労使双方に長期的な信頼が生まれます。